そこが知りたい!!電子マネーのメリット!デメリット!

電子マネーならではのメリット

電子マネーとは、現金ではなくカードなどにチャージされていて支払いに使えたり、スマホから支払いができるお金のことです。
現金を持ち歩く必要がなく、簡単に支払いをすることができるところがメリットです。特に定期券など交通機関で使う電子マネーカードの場合は、券売機に行く必要がなく、電車なら改札口でかざすだけなのでスムーズに移動ができます。
また、クレジットカードのように後から引き落としで決済するものではなく、先に持っているお金を電子マネーとしてチャージしているので、使い過ぎてしまって支払いが後からできなくなるといったトラブルにもなりません。
使うとポイントが貯まるタイプの電子マネーは、貯まったポイントを新たに電子マネーとして使うことも可能でお得です。

メリットがあればデメリットもある

お得で便利な電子マネーですが、デメリットもあります。
まず、あらかじめチャージしておかないと使うことができないところです。チャージするのを忘れていて使うことができなかった、支払いが足らなかった、ということが起こらないように、こまめにチャージすることが大切です。
また、電子マネーはクレジットカードや現金と比べて使えるお店が限られています。使っている電子マネーに対応していない場合があるので、あらかじめ使えるかどうか調べておくか、クレジットカードや現金も念のために落ち歩いているかしておきましょう。
電子マネーにはデメリットもありますが、注意点を抑えて使えばとても便利な支払い方法です。使える場所もどんどん拡大しているので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

種類別に電子マネーを比較します。鉄道会社が発行するものが交通系で、定期券を追加することが可能です。流通業者が発行するものが流通系で、利用するスーパー、コンビニ等に合わせて選択すると良いでしょう。