マルチ電子マネーで!決済はこんなに楽になる!

一つの端末で複数の電子マネーに対応

電子マネーは、現金でもなくクレジットカードでもない新しい決済サービスです。予めカードを作っておいてチャージをすると、チャージ分がお金として支払いなどに使えます。現在スーパーやコンビニを運営する会社や鉄道会社などが発行しています。基本的には、それぞれのカードで決済をするシステムを導入しないといけません。複数のカードに対応しようとすると、結構負担も大きく事務処理も煩雑になります。そこで導入したいのがマルチ電子マネーのシステムです。導入するときの端末はたった1台です。これだけで主な各種電子マネーでの決済に対応してくれます。間違って他の端末を渡すミスもありません。お客さんにはカードをかざしてもらうだけで決済が完了します。

釣銭のやり取りがなくなるので作業もミスも減る

レジ担当の業務では、商品の読み取りとお客さんからのお金の受け取り、そしてお釣りをお客さんに渡すなどがあります。最近は商品の読み取りはバーコードで行うのでミスは減っています。作業も楽になっています。ただお金のやり取りでは受け取りの確認ミス、渡すお金のミスが出やすく、お金を渡す作業も必要になります。レジ担当の作業を軽減できるのがマルチ電子マネーシステムです。通常はコンビニやドラッグストアなど大規模な展開をしている店でしか導入できないように感じますが、個人商店でも簡単に導入できます。クレジットカードのシステムよりも導入が楽になるかもしれません。電子マネー自体はそれなりに普及をしているので、多くの業務やミスを減らせます。