電子マネー決済の導入は難しくない!!

決済代行会社と契約をする

クレジットカードは、現金決済よりも楽に支払いができます。世界中でも導入されているので、海外旅行でも使えるので便利です。ただ、カードを店員に渡したりするので、利用者としては利用しづらいと思っている人もいるようです。電子マネーは、専用のカードやシステムの入ったスマホを利用して決済ができます。自分で機械にタッチするだけなので、安心して利用できると利用者も増えています。ではどうやって導入するかですが、基本的には各種電子マネーの発行会社と契約をし、それぞれの決済用のシステムを用意します。となるとレジのところにたくさんの読み取り用の機械を並べないといけません。そこで決済代行会社を利用します。機械は1台で、複数の電子マネーの決済が可能になります。

周辺地域の利便性を考慮して業者を選択

ショップなどで電子マネー決済を導入するとき、大きく分けると2つの方法があります。一つはそれぞれの業者と直接契約をする方法で、もう一つは決済代行会社を利用して一つの契約で済ませる方法です。決済代行会社は便利ですが、その分中間マージンを取られるので残るお金が少なくなるかもしれません。中間マージンを減らしたいなら、個々で直接業者と契約するのがよさそうです。この時に、あまり多くの業者と契約をすると端末がたくさん必要になります。この時は地域性などを考慮してカード保有者が多いカード業者のサービスを選ぶようにします。鉄道系であれば、近くを走っている路線の会社のカードが良いかもしれません。絞り込めば、楽に業務も行えます。