進む!電子マネー~財布を持つ時代から~カードの時代へ!

使える店が多いタイプを選ぶ

買い物の支払い方法の一つとして電子マネーがあります。カードを事前に用意して利用するタイプと、携帯電話やスマートフォンなどにシステムをインストールして利用するタイプがあります。使うときには事前にお金をチャージしておき、あとはお店の支払い時にカードなどをかざせば使えます。現金のやり取りに比べるとお釣りのやり取りなどが必要なくなります。クレジットカードのように店員にカードを渡さないので、安心して支払いができます。いろいろな電子マネーの中からどれを選ぶかですが、使える店が多いタイプを選ぶと良いでしょう。交通系と流通系が知られていて、それぞれ発行母体では利用ができます。それ以外の店で使える店が多いなら使い勝手も良いと言えるでしょう。

ポイントの還元率や割引率

買い物をするときには、それぞれの商品の価格を見ます。まずはその商品の価格があり、さらに日本では消費税がかかります。支払いの時は、商品価格と消費税を支払います。現金での支払いだと特に割引などはありませんが、電子マネーで支払いをすると一定のポイントがついたり、割引をしてもらえます。ですから選ぶときには、還元率がいいタイプや割引がたくさん受けらえるものを選ぶと良いでしょう。還元率は、何円の買い物をすると何ポイント付くかで決められ、100円ごとに1ポイントなら1パーセントの還元率になります。どの店で買い物をしても基本的なポイントが付与されます。それ以外に、発行元のお店で買い物をするときに割引が受けられるものがあります。

レジの支払いで電子マネーの端末を設置すれば、現金決済と比較して、時間ロスや会計ミスがなくなります。また、言葉を交わさなくても済むので、外国人観光客にも便利です。